舞根森里海研究所サポーター

詳しい資料はこちらから

舞根森里海研究所とは

サポーター制度とは

舞根森里海研究所サポーター制度は、舞根森里海研究所(以下:研究所)の運営を資金面で支えていただくことで、地域の自然環境保全・環境教育事業に共に携わっていただく制度です。

サポーターの年会費は、研究所を運営していくために欠かせない基本的な施設維持費として運用され、当地を基盤とした継続的な環境保全・環境教育活動を可能にする活動資金となります。

サポーター制度に加入するメリット

団体名・ロゴ(20cm×20cm)を、玄関内のホールに掲示させていただきます。
CSR活動を通じて、自然保護に積極的に取り組む姿勢をPRすることができます。
また、ご希望に応じてHP等にサポーター様のバナーを表示させていただきます。

サポーターになってくださった企業・団体の皆様の研修をご希望に応じて承ります。

サポーター年会費

500,000円~ / 1団体・単年度

サポーターは年度更新制となります。単年度のみの加入や、年度途中の加入も可能です。

研究所運用の報告を、年度毎にサポーターの皆様へお送りいたします。

退会に際しては事務局にご連絡をいただければ早急に対応いたします。

研修テーマの例

(1)森は海の恋人運動を知る

森は海の恋人運動についての講義 / カキ養殖筏での体験 /水産業と食について
<スケジュール例>
午前中に移動して、昼前に研究所に到着された場合
12:00~13:00 研究所にて昼食
13:00~14:30 森海丸に乗船してカキ養殖筏を体験
14:30~16:00 講義
16:00     現地解散 森は海の恋人運動についての講義

(2)森里海連環学を体験する

森川海フィールドツアー / 水環境科学についての講義 / 環境調査の最先端に触れる
<スケジュール例>
前日に市内に宿泊された場合
10:00~12:00 海の科学調査を体験,生き物観察
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 森や川を散策しながらレクチャー
15:30     現地解散 森川海フィールドツアー

(3)森と海を繋ぐ震災復興を学ぶ 

三陸海岸の今を見る / 防潮堤に頼らない舞根地区の震災復興 / 震災湿地を保全し、
次世代につなぐ
<スケジュール例>
朝、一ノ関駅に到着された場合
10:30~12:00 一ノ関から貸し切りバス等で移動(参加者手配)
         車中で震災復興の現状を紹介
12:00~13:00 昼食
13:00~13:30 森海丸にて舞根湾を見学
13:30~14:30 震災湿地の見学、解説
14:30~15:30 近隣の海岸や河川を視察、解説
15:30~17:00 一ノ関駅へ移動、解散 三陸海岸の今を見る
  • *上記はプログラム例になります。ご希望の日程・時間や人数に応じて、提供ログラムの組み立てを検討させて頂きます。
  • *スタッフの数が限られているため、ご要望の内容や開催日時については打合せの上で決定させて頂きます。
  • *森海丸(見学・調査船)の乗船定員の都合により、12名をグループ単位とさせて頂いております。

お申し込み手順

  • ①サポーター制度申し込み用紙に記入後、FAXかメールにて事務局までお送り下さい。
  • ②事務局より年会費の支払等についてご連絡させていただきます。
  • ③掲示用のサポーター紹介パネルなどについてご説明させていただき、パネル作成後、玄関ホールに掲示いたします。HPへのバナーの添付についても同時に実施します。
  • ④研修についてご希望がある場合は、事務局までご連絡いただければ日程等の調整をさせていただきます、お気軽にお問い合わせください。
  • ⑤毎年4月に前年度の研究所利用状況について報告書をお送りいたします、広報などで写真がご入り用の場合には随時提供いたしますのでご連絡下さい。

Q&A

Q1:HPを見ると、NPO森は海の恋人には団体会員もあるようですが、研究所サポーターはどのように違うのでしょうか。
A:団体会員はNPOの活動全体をご支援いただくもので、団体正会員は言わば会社の「正社員」のような立ち位置であると言えます。団体正会員にはNPO通常総会の議決権があり、NPOの年間活動計画など運営における重要な決定に参加していただきます。一方、研究所のサポーターはNPOが管理する研究所の円滑な運営をご支援いただくものであり、主に研究所の維持管理及び研究所を利用した活動をご支援いただくための制度です。研究所サポーターにはNPO総会などにおける議決権はありませんが、研究所で行われる活動について理解を深めてもらうための研修にご参加いただけるようになっております。
Q2:研修の際、研究所に滞在したいのですが宿泊は可能ですか。
A:舞根森里海研究所は、宿泊が認められていない施設です。宿泊が発生する際は市内の民宿やホテルにお泊りいただければ幸いです。

事務局

  • 宮城県気仙沼市唐桑町西舞根133-1
  • 電話:0226-31-2751
  • FAX : 0226-31-2770
  • e-mail: info@mori-umi.org