ブログ  動画  インスタグラム  ツイッター  フェイスブック

環境教育事業

我々が最も重視している活動が『人づくり』です。

自然環境に最も大きな影響をもたらすのは、そこに住んでいる人々の生活に他なりません。現代社会において自然に対する意識が気薄化していますが、それは都会でも地方でも同じことが言えます。こうした想いから、森は海の恋人では、多くの人々に自らの体験を通して自然に対してバランスのとれた感覚を養ってもらうためのプログラムを実施しています。

事業報告

カテゴリー別

環境教育:【講師派遣】 ESD×生物多様性プロジェクトワークショップ(2010年5月)

301824218200w0nimage0宮城県栗原市で行われたESD×生物多様性プロジェクトワークショップにパネリストとして参加し、体験学習の様子などをお話させていただきました。(くりこま高原自然学校主催)

今年10月に名古屋で行われるCOP10に向けた活動の一環だそうです。

環境教育:宮城県 秋保中学校2年生の皆さん(2010年5月12日)

272127220400rozimage0秋保中学校2年生のみなさんが体験学習にいらっしゃいました。
 
雨天だったので、船にタープを張っていざイカダへ!!
海の生物観察(海の生物いじり)がとても講評でした。

食卓に上る海産物の、食べ物になる前の状態をじっくりと観察しました(^o^)

環境教育:宮城県気仙沼市 唐桑小学校の皆さん(2010年5月11日)

0026319900d3uimage0唐桑小学校の皆さんが体験学習にいらっしゃいました。

さすが地元の子どもだけあって、磯の生物観察(生物いじり)でも素早く生き物を見つけて手に取ります(^^)

そして、ろ漕ぎの上手いこと(^o^)


screen 2013-12-27 6.43.45最近は、地元の子ですら海で遊ぶことが少なくなりました。

少し淋しいですね。

環境教育:宮城県気仙沼市 唐桑中学校(2010年2月)

402826019700bdzimage0気仙沼市唐桑中学校にて「エネルギー」についての授業をしてまいりました。

様々な発電所があるなかで、原子力に重みを置きお話させていただきました。

きれい事だけでは、現在の人の社会は成り立たない。得るものと失うものが存在する、ということを伝えてきました。

生徒さんの反応も良く、自然やエネルギーに興味を持って頂けたようでした。

環境教育:「ESDサイエンス・ワークショップ」(2010年2月)

13026420000enoimage0気仙沼市内で開かれた「ESDサイエンス・ワークショップ」で森海の活動についてお話させて頂きました。

話だけでは面白くないと思い、養殖段階のカキを持参しました!

« ...10...1314151617... »

事務局

  • 988-0582
  • 宮城県気仙沼市唐桑町東舞根212
  • 電話:0226-31-2751
  • FAX : 0226-31-2770
  • e-mail: info@mori-umi.org